不動産の売却

不動産の売却、全体の流れ

売却に向けた計画を立てる
売主様のご希望に沿った売却となるよう、価格査定、売却時の税金や諸費用を差し引いた手取り額、媒介契約、不動産流通機構への登録、販売活動、売買契約、住宅ロ-ンなどの残額整理手続き、引き渡し手続き、測量、建物調査、相続登記などの各種専門家のあっせん業務など、最終決済までのスケジュ-ル表を作成し、売主様へわかりやすいご説明をさせていただきます。

あとから高額な媒介手数料を請求されるのでは?
媒介契約の際に、国土交通省告示によって定められている報酬額をご提示いたしますので、あとから思いもよらない経費がかかることはありません。又、当社が販売のために負担した調査費用、看板設置費用、通信費用など(売主様の理由により売却をとりやめた場合を除く)は、媒介手数料に含みますので、別途にご請求することは致しません。

媒介契約してメリットはあるの?
専任媒介契約をいただいた日から7日以内に売主様の不動産を中部圏不動産流通機構レインズ、公益社団法人石川県宅地建物取引業協会の不動産サイト「ハトまるくん」 、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会「ハトマ-クサイト」、当社ホ-ムペ-ジに登録し、石川県内及び全国の不動産業者に、販売協力の要請を行うと同時に、不特定多数のユ-ザ-に向けて売却物件の情報を発信させていただきます。また、地元地域情報誌などの不動産広告ペ-ジへの掲載・オ-プンハウス・売却物件の近隣の方々への営業を行うなど、成約に向けて努力致します。

見学者の来訪に向けての準備は?
不動産購入を検討されている方々は、一般的には他の売却物件も参考にしながら判断されることが多いので、住宅の場合は住宅内部の清掃(特に水回りなど)と設備の点検、敷地の清掃などの準備が必要です。また、内見はできるだけ見学に来られるお客様の希望日時(一般的には週末が多いです)を考慮していただけたらと思います。売地の売主様の場合も同様に、草刈りを行うなど、見学される方に印象良く見ていただく準備が必要となるでしょう。

不動産売買契約 瑕疵担保責任
買主との条件面での合意ができましたら、建物検査、既存住宅かし保険加入手続き、各種専門家のあっせん業務の手配、土地境界、物件状況、設備の確認、危険負担、ライフラインなどについて、重要事項説明書の作成・説明を致します。このことにより、特に買主間の後日のトラブル (売主の瑕疵担保責任) を回避し、また、不動産売買契約書に、売主買主が双方が納得して、署名・押印できるよう努めます。

公開日:
最終更新日:2018/07/26