任意売却不動産の債務整理

様々な理由より、住宅ロ-ン等の債務返済が難しくなった方、裁判所による競売手続きが始まりそうな方の債務整理(任意売却)をお取り扱いしております。

任意売却不動産の債務整理業務は基本的には、物件所有者(依頼者)と債権者(住宅金融公庫や銀行など)の間に入り、債権者の競売手続きの取下げを依頼したり、買主を見つけ、お客様の債務返済を任意売却で解決する業務です。

また、ご親族などへ売却されたい場合や、転居についてのご心配がある場合なども、お気軽にご相談下さい。


任意売却とは

住宅ローンの支払い等、借入金の返済が難しくなった場合の自主的な解決策の1つです。
(所有者/債務者 自らが売却を行うことを決断するという意味で「任意売却」といえるのです。)

所有者/債務者と債権者の間に私達業者が入り、双方の合意を得ながら、任意売却を進めることは、競売手続きのように追い出されるのではなく、下落したなりに一般の不動産市場で売却し、債務を少しでも小さくすることができる可能性があります。

たとえ売却して債務が残っても債権者の合意を得て任意売却した場合は、競売とは違い、新たな生活をスタ-トするのに支障のない範囲で残債務を毎月支払っていれば、まともな債権者は給与差押等の強制執行は行わないと思います。

任意売却は単に不動産を売却すればよいというものではなく、所有者(債務者)の残債務の整理を行う重要な問題を抱えた業務ですので、慎重に取り扱う必要があると感じています。
時には、弁護士、司法書士などの各専門家の協力が必要な場合もありますが(当社でお引き受けできない場合もあります)、できる限り、競売物件が減ることを目標に任意売却不動産の業務を行っています。

●●●●●●●  (ご相談/例)

質 問 答 え
現在、自宅に差押登記がなされ、競売開始開始決定がされてしまいました。任意売却に切替えすることができるのでしょうか。

答 え お客様の立場にたって考えます!
債権者や市役所などから差押登記がなされても交渉により任意売却に切替えることは多く行われています。しかし、一般的には買主をさがし〜売買契約〜決済まで、早くても1ヶ月程度はかかりますので、競売開始決定がされた場合や、交渉にあまり時間をかけられない開札期日直前の場合などは債権者が競売を取り下げないことが多いので、競売開始決定された場合等はできるだけ早く、任意売却業務を取り扱っている不動産業者や弁護士に相談して下さい。

任意売却の依頼を受けた、不動産業者や弁護士は、任意売却を依頼した債務者(依頼者)に代わり、債権者に対し、競売を取り下げるよう(延期の申請の場合もあります)交渉を行います。
但し、債務者(依頼者)が任意売却に前向きであることが債権者との交渉を行う上で重要な部分ですので、当社では債権者が任意売却に応じるような売却計画書を債務者(依頼者)と相談して作成し、債権者との交渉にあたっています。

●●●●●●●   (ご相談/例)

質 問 答 え
周りに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できますか。

答 え お客様の立場にたって考えます!

既に、買主がいるような一部の場合を除き、最近のような不動産売買が低迷しているような状況下で、競売より良い条件で売却するには、ある程度、不特定多数の方を対象に不動産売買情報を新聞等の広告に出したりする必要があります。
任意売却できる期間によっても違いますが、住宅売却については、買い替えや新築するためとか、いろいろな事情のある物件と同様の方法で行いますので、特別この物件は債務が多いとか、競売物件になる物件だとかいうことは、広告の段階では一般の方には知られません。
ただし、購入の意思表示をされた買主の方には、重要事項説明の段階で、不動産業者として登記記載内容等を書面で説明する義務がありますので、買主の方にはその時点で掲載事項の説明を行います。
お気持ちはよくわかりますが、売却方法について、オ-プンハウスなどはしない、広告はしないというように営業活動を小さくしてしまうことは、無駄に時間を費やしてしまい、任意売却での処分が出来なくなる危険を含んでいます。

石川県では北国新聞や中日新聞に競売情報が月に1回掲載されます。(名前などは載りませんが住所や土地建物の面積、構造等は記載されます。)

●●●●●●●  (ご相談/例)

質 問 答 え
早く売却するにはどうしたらよいのでしょう。

答 え お客様の立場にたって考えます!

当社では媒介契約締結後、不動産流通機構に登録し、新聞の折込広告等を行って、一般の売却物件と同じように物件情報を発信します。残された任意売却期間に応じて、販売活動をいたします。

一番効果があるのはオ-プンハウス(購入住宅をさがしているいるお客様に自由に住宅内を見てもらうこと)です。オ-プンハウスを行う上では、引越しを済ませ、空き家にしていただくのが最も良いのですが、時間的なことなどから引越しが難しい場合は、家財道具などはそのままにしてオ-プンハウスを行っている時間帯(1日の7時間くらいだけ)住宅を開放いただくなど、住宅購入希望者の方にまず気軽に見てももらえるようにしていただくことが大事です。(住宅内の清掃や庭などの清掃も大切なことです)

オープンハウスは住宅を早く売却する方法として、一般の所有者の方でも最近では行われています。アメリカでは一生のうちに何度も住宅を売却したり購入する習慣があるので、アメリカでは、当たり前の方法です。
高額な住宅を購入する買主の方達は、住宅の隅々まで見ながら、リフォ-ムのことなどを相談したり、家族と相談しながら、ようやく購入の決断をされるのです。

私達業者も努力しますが、債務者(依頼者)の方が任意売却に前向きになられることが、任意売却を成功させる最大のポイントです。競売を避けるために。

●●●●●●●  (ご相談/例)

質 問 答 え
任意売却後の債務の支払いが心配なのですが。

答 え お客様の立場にたって考えます!
当社では、債権者への任意売却後の債務者(依頼者)の残債務の返済計画の交渉も依頼者に代わって行っています。債権者が複数いる場合でも同様です。債務者(依頼者)の再出発のために努力いたします。

公開日:
最終更新日:2010/04/28