結露 (^_^;) を防ぐため

      2011/03/24

 時々、退去されたアパ-トなどを見ますと、家具の置かれてた部分やカ-テンと窓ガラスの間の壁などに、湿気や結露が原因と思われるカビが発生していることがあります。 ( 結露は、時間によって変わる部屋の温度差や湿気が原因といわれています。 ) 冬場の寒い時期に、窓を開け、空気を入れ替えたくない気持ちはわかりますが…。

 壁にぴったりと家具を置かれている方は、壁と少し ( 空気が滞留しません ) 離していただいた方が良いです。また、衣類や寝具などを収納している押入れなども湿気が溜まりやすいですので、空気の入れ替えなどをこまめにしていただければと思います。また、冬場は洗濯物を室内で干することも多くなり、窓ガラスや窓枠部分で結露が発生しやすくなると思いますが、結露が発生した場合は水分をこまめに拭き取るようにして下さい。

 これから住宅を建築する計画のある方は、室内の仕上げ材を吸湿性のあるものや熱容量の小さい材料などを選ばれると、結露を防ぐ効果が増すのではないかと思います。

 

 - 山代不動産ブログ