古民家 築150年を超えてます

      2011/12/17

最近、売却依頼を受けた古民家 (保賀町) は築150年を超えています。(現在、調査中です) 基礎部分が高く、頑丈な石で造られているせいか、手入れよくされてきたせいか、どっしりとしており不安な感じがしません。欅の6寸柱、欅の床、黒檀の柱、天井の梁の素晴らしさ……。きっと、こんな家が好きな方がいると思います。以前、加賀市内でもいくつか古民家をお世話しましたが、ご購入いただいたお客様は、本当、上手にそして大事に古民家を再生、現代的に活かして生活されています。

昔の大きな家を持つのは大変だ、よく耳にします。確かに忙しい、働き盛りの若いご家庭には不向きかもしれません。しかし、昔の家からは、日本の良き文化、技術、美しい心が伝わってきます。最近の手頃な住宅にはない、深い知恵、喜びや楽しみ、大きなパワ-があるのではないでしょうか…。

庭石や庭木も全て現状のまま引き渡し致します。是非、一度、ご覧になってみませんか!

 

 - 家守(やもり)の日々