火災報知器の設置義務化

   

火災警報器の設置

◎いつから?
新築住宅
/平成18年6月1日より既に義務化されています

既存住宅/加賀市では、平成20年6月1日から義務化されています

◎どこに設置?
寝室
寝室がある階の階段
(寝室が避難階となる階にある場合は除く)

3階建て住宅では ・・・
寝室が3階のみにある場合は1階の階段
寝室が1階のみにある場合は3階の階段

一定規模以上の居室が5室以上ある階の廊下 等その他、一定の条件や市町村条例により義務付けられている場所があります。(たとえば東京都では、条例により「寝室」でなく「台所を含む全ての居室」に設置義務を設けています。)
詳細については所轄消防署にご確認ください。

◎だれが設置?
消防法(第9条の2)では、住宅の関係者である「所有者、管理者又は占有者」とされています。
賃貸住宅などでは、この関係者のうちいずれかが設置することとなります。

◎設置しないと罰則は?

火災警報器を設置しなかった場合の罰則はありません。
しかし、住宅の売買や賃貸の場面においては、売主・貸主や関与した宅建業者・管理会社のリスクマネジメントとして設置することを強く推奨します。

◎参考 火災報知器の種類煙式と熱式
住宅用火災警報器には「煙」を感知するものと「熱」を感知するものがあり、「煙」を感知するものの設置が義務付けられました。
また、台所などへの警報器の設置も推奨されており、調理などで煙や水蒸気が発生する台所などには「熱」式が適しています。

電池式とAC100V(家庭用電源)式
電池を電源にするものと、家庭用電源のAC100Vを電源にするものがあります。既存住宅においては配線が難しいことから電池式が適しているといえます。

耐用年数
火災警報器の交換は、機器に交換時期を明記したシールが貼ってあるか「ピー」という音などで交換時期を知らせます。そのめどがおおむね10年です。
また、市販されているものの中には電池が1〜2年しかもたないもの等もありますので、購入時にご確認が必要です。

取り付け方は?
火災警報器は、天井や壁にネジで取り付けることができます。
設置位置については、取扱説明書をよく読んで、正しい位置に取り付けてください。

NSマーク
規格省令に適合することを日本消防検定協会等の第三者機関が確認した住宅用火災警報器には、その旨の表示がされています(日本消防検定協会の鑑定マーク【NSマーク】)。
購入時の目安としてください。

(全国宅地建物取引業協会 火災報知器設置義務化のペ-ジより抜粋)

加賀市役所 住宅用火災報知器の設置について

 - ヘルプデスク