横浜から石川県に移住

      2016/11/30
  • I・Tさん
  • 男性
  • 職業:陶芸家
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 現住所:石川県能美市
  • 移住歴:3年

石川県に移住する前はどんな心境でしたか?

僕は石川に移住する直近はケーブルテレビの仕事をしていたんですね。
で、ケーブルテレビの工事の仕事ってすごい楽だったんですよ。

忙しいときはすごく忙しいんだけど、暇なときは暇で、ずっと待機ばっかり。

僕の仕事は不具合のあった時だけ動く仕事で、何か要請があれば動くタイプで、

もし要請がない場合は、ずっと事務所でテレビ見てたりして過ごしてるだけで、パソコンも自由にいじれる状況だったんですね。

で、そんな楽な状況だったんですけど、上司には色々言われてて、正直めんどくさいな~ってずっと思ってたんですよ。

その仕事をやめて会社をやるって選択肢もありましたけど、僕は人をまとめるような性分でもないし、何か一人でできるようなことをしたいな~って日頃から考えてたんです。

楽でお金もいい仕事でしたけど、やりがいはなかったし、

それくらいなら、収入が減っても自分が本当に没頭できるやりがいのある仕事を見つけたいなっていう気持ちがありました。

なぜ石川県に移住に興味を持ちましたか?

それで、せっかくパソコンが自由に使える環境があるし、どんな選択肢があるかずっと調べてたんです。

そしたら、何個か選択肢が見つかって。焼き物とかガラスとか。言ったら職人系の仕事ですね。

そんな中で、僕は焼き物に前から興味あったんです。だからダメもとで焼き物の学校の入学試験を受けてみようかなって思いまして。

で、あんまり選択肢が多すぎてもいけないので、京都と石川県の2か所に絞り込んだんです。

京都は清水焼とか有名ですし、石川県も有名な九谷焼がありますからね。

それで会社の休みを利用して、入学試験を受ける前に、石川県に旅行がてら偵察に行きました。

その時行ったのは金沢と能登と加賀でしたね。それぞれ焼き物の学校とかを見て回ったり美術館を見学したりしました。

その時に、自分が住んでいる横浜と違って、人も少なくてのんびりしてて、魚とか野菜もおいしいし住みやすそうだなって感じたんですね。

僕横浜育ちなのに人ごみ疲れちゃうから(笑)

石川県移住を決断して、すぐ行動しましたか?

石川県に偵察に行った時には、もう「移住しよう」って決めていましたね。

それで、また横浜に帰ってきて、仕事の待機時間を使って、履歴書とか封筒に入れてすぐに石川県の九谷焼の学校に送りました。

僕すぐ行動しないとダメなんですよ(笑)

そしたら後日、学校から受験番号とか送られてきて、受験費用もすぐ振り込んで、後は流れでみたいな感じですね。

実際石川県に住んでみてどうですか?

便利さで言うと、都会の暮らしはやっぱり便利。

でも、石川県は単純に「面白い」って思いました。海も川も山もあって、神奈川県とはまた違った自然のよさがありますね。

山とかカモシカが普通にいるんですよ!僕興奮して車で追いかけましたよ。

それともう一つ。石川県の名所ってどこも人がいないんですよ。どこも穴場的というか、それがいいですね。

僕観光地で人がごった返しているのが嫌なんですね。せっかくの自然の名所も人が多いとざわざわしてうるさいし、本当の良さを感じられないんですよ。

僕は、人の声じゃなくて、滝の音だったり、小鳥のさえずりを聞きたいんですよ^^;

他には、人とのつながりが強く感じられたのが印象的です。

僕は同年代の人に対して最初構えてしまう癖があるんです。でも僕が住んでいるところに同年代ってあんまりいないんですよ^^;

たいていじいちゃん、ばあちゃんばっかりで、すごいよくしてくれるんですよ。

「わざわざ都会から出てきたんか~」みたいな。

石川県から都会に出ていく人は多いけど、逆に都会から石川県に移住してくる人は少ないからけっこう重宝されたりして。

で、こっちの田舎の人って玄関空いてて、近所の人も勝手に出入りするじゃないですか!?

それがすごい新鮮ていうか、懐かしいなって感じがします。

都会でも、僕の小さいころはそうだったんだけど、今じゃ考えられませんからね。

でも中でも一番よかったのは、あんまりイライラしなくなったこと。

横浜とかって渋滞とかすごいんでストレスがたまるんですよね。空いてれば30分で行けるとこでも2時間、3時間かかわるわけですよ。

抜け道があっても、そこも混んでて八方ふさがりの状態になることがよくあるんですね。

どこに行っても、何時になっても人とか車でいっぱいで、いつこの人らいなくなるんだろう?って思うくらいに息苦しく感じてましたね。

だからイライラが爆発しそうになることもよくありました。

でも、石川県はそれと全く違う状況だし、日常ストレスを感じませんね。だからいつも穏やかで優しい気持ちでいられるのが、僕の中で一番の利益ですね。

今後石川県でやってみたいこと、体験したいことは何ですか?

九谷焼の経験を積みたいのはもちろんですが、もっと名所を散策してみたいですね。

石川県て面白いところいっぱいあるんですよ。

例えば、その辺の山に適当に車で入っていくと、石碑とかが立ってたりするんです。

で、その石碑を読むと歴史上の人物ゆかりの場所だったりとか。

とくに石川県は源義経に関係する場所がすごい多いですよね。
他には、前田家と佐々家の合戦の場所とか。

地元の人でも知らないような、歴史に埋もれた名所がたくさんあるんです。

僕歴史好きなんですよ。

過去に生きていた人がいるわけです。

その人たちの中には、子供のころに病気で早く死んだ人もいれば、戦で死んだ人、寿命を全うした人とか色んな人がいたと思うんです。

そして、そういう人たちにも子孫がいて、またその子孫がいて、その結果今の僕がいるわけですよね?

例えば、もしかして関ヶ原の戦いで西軍が勝っていたら、歴史は変わって僕は今存在しないかもしれないんです。

そういう意味で歴史を知っていくことは、自分のルーツをたどっていくことなんですよね。

だから、そういったもろもろの経験を通じて、もっと精神的な豊かさを育てたいと思いますね。

 - 移住者の声