賃貸総合補償保険

◎現在、賃貸住宅や貸店舗、貸事務所などのテナントに入居中の個人、法人の借主様で、借家人賠償責任保険特約などが付帯された保険に加入されていない場合は、この賃貸総合補償保険 ( 宅建ファミリ-共済保険 ) のご加入をお勧め致します。不慮の事故などにより家財等に損害が生じた場合や、日常生活に伴う賠償責任が発生した場合に補償される保険です。また、賃貸住宅等を所有されている貸主で、借主がこれらの保険に加入されていない場合は、借主との契約や更新などの際に、借主にご加入されるようお勧めしていただければと思います。水回りによる事故(入居者の外出中に、洗濯機のホ-スが外れて階下の部屋を水浸しにしてしまうなど)や、何者かにガラスを割られたりした場合の修理費用やカギを壊された場合の交換費用なども保険の対象となっていますので、安心です。

◎居住用建物の場合は、家財の保険(200万円から1,000万円)+借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険が1,000万円ずつ+修理費用100万円の補償内容で 保険料は2年間で、12,000円から36,000円となっています。(木造等の非耐火構造でも鉄筋、鉄骨等の耐火構造でも保険料は同額です)

◎事業用建物で用途が事務所や店舗の場合は、物損害の保険(500万円から1,500万円)+借家人賠償責任保険、施設賠償責任保険が1,000万円から3,000万円+修理費用100万円の補償内容で 保険料は2年間で、25,000円から68,000円となっています。(木造等の非耐火構造でも鉄筋、鉄骨等の耐火構造でも保険料は同額です)

事業用建物で用途が飲食店の場合は、物損害の保険(500万円から1,500万円)+借家人賠償責任保険、施設賠償責任保険が1,000万円から3,000万円+修理費用100万 の補償内容で 保険料は2年間で、52,000円から167,000円となっています。(木造等の非耐火構造でも鉄筋、鉄骨等の耐火構造でも保険料は同額です)

◎賃貸総合補償保険にご加入された方は、24時間対応サポ-トサ-ビス (カギあけサ-ビス / カギを紛失した場合、30分程度の応急処置による作業、出張費は無料、水まわりサ-ビス/30分程度の応急処置による作業、出張費は無料 ) も、ご利用できます。

◎ 引っ越し、移転等される場合でも住所変更手続きをすることによって、賃貸総合補償保険を解約せずに継続することができます。解約される場合は、残りの保険期間に応じた保険料が返還されます。

◎当社でも取り扱い致しております。宅建ファミリ-共済賃貸総合補償保険ご加入の手続きをご希望される個人、法人様 (加賀市内及び小松市内) は、お気軽にお電話などでお問い合わせ下さい。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

ハトマーク補償(住宅用2年補償)(PDFファイル)
ハトマーク補償(住宅用1年補償)(PDFファイル)
ハトマークビジネス補償(事業用)(PDFファイル)

「あなたの不動産  税金は」の冊子プレゼント

平成22年度版、「あなたの不動産 税金は」の冊子をプレゼント致します。ご希望の方はトップペ-の、「不動産を売りたい方へ」「不動産を買いたい方へ」などのフォ-ムよりお申し込み下さい。携帯サイトからご覧いただいている場合はトップページのお問い合わせから入り、パソコンサイトと同様に、「不動産を売りたい方へ」「不動産を買いたい方へ」などのフォ-ムよりお申し込み下さい。郵送にてお送りさせていただきます。

——————————————————————————–

不動産を取得した時、売った時、持っている時、貸している時、どのような税の軽減が受けられるのかなどについて、わかりやすく説明されている冊子です。

大聖寺 町屋再生補助

 加賀市では、町屋再生事業として、大聖寺地区の町家歴史的建物と呼び、外観修繕や補強、また、賑わい創出に貢献する施設への改修費用の一部を補助の対象 としています。 

 町屋に住みたい方や、町屋を改修して、個性のあるお店や工房などに利用されたい方は、ご相談下さい。物件さがし( 賃貸、売買 ) や、売主様、貸主様との交渉手続きをさせていただきます。又、現在、大聖寺地区内にて町屋を所有されている方の賃貸や売買に関するご相談も承っております。

 

◎町屋再生事業/下記地図エリア内にある昭和30年以前に建築された建物で、伝統的な建築形態を残す歴史的建物が補助の対象となっています。

 ◎補助金の限度額は、外観の修繕150万円、構造の補強250万円、事業用部分の改修150万円 ( 補助率 1/2 )  補助内容、手続きの窓口は、加賀市役所 建設部建築課建築係 になります。

 

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 

 

 

お客様だけでの物件下見

私共、業者と一緒でなく、ご自分だけで物件の下見をされる場合は、下記の点にご注意下さいますようお願い致します。

売家などの場合は、住みながら売却に出されている売主様もいらっしゃいますので、売主様がいらっしゃっても声をかけないで下さい。(売主様によっては、声をかけると、ご迷惑になる場合があります。)偶然、知っている方であっても、住宅内を見る場合は、私共業者と一緒に下見して下さるようお願いいたします。又、オープンハウスをされている住宅の場合も同様に、住宅内を見る場合は、私共業者と一緒に下見して下さいますようお願いいたします。

物件によっては、売主様側の業者とトラブルになったり、売主様との交渉事などが難しくなることがありますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

又、ご自分だけで物件の下見をされる際には、デジカメなどで建物内外の写真を撮影などしないようにお願いします。(事前に売主様のご了解が必要です。) いろいろと面倒だと思われる方がおられるとは思いますが、ご協力、ご理解いただけますよう、よろしくお願いします。

◎地図付物件情報サ-ビスは、あくまで、物件の外観、周囲の環境などのご参考程度のためのサ-ビスですので、内見を含む、より詳しい売買物件の下見につきましては、私共業者に連絡をいただき、売主様と調整をした上で、お願いいたします。