◇凍結防止等の注意事項◇

今年は大変な豪雪となりました。皆さんもいろいろとご苦労されていることと思いますが、改めて、冬場の凍結防止等の注意事項をご案内させていただきます。

.

ブレーカーを「切」にしない

凍結防止ヒーターの電源およびブレーカーを「切」にしないでください。凍結防止ヒーターが作動しなくなると、給湯器が破裂する危険があります。

気温が0度を下回るような時には、台所のお湯の方を少し細く出していただき、凍結予防されますようお願いします。

蛇口を閉めても、給湯器内部や配管の中には水が残っています。気温が0度以下になるような場合に給湯器内部や配管の中の残った水が凍り、給湯器が使用できなくなり、また、さらに水道管や給湯器内部の配管が壊れる危険性があります。

〇長期間留守にされる場合は、ガス会社まで給湯器の凍結予防「水抜き」依頼の連絡をお願いします。

〇廊下などに設置している洗濯機の水道蛇口も、気温が0度以下になるような場合には、ホ-ス内部も凍結してしまいますので、水道蛇口からホ-ス部分を取り外しておいて下さい。※洗濯機をご使用になる際にホ-スをとりつけて下さい。ホ-スが凍ってしまった場合は、ドライヤ-の温風をしばらくあてていると少しずつ凍った箇所が融けてきます。

〇エアコンを使用されている方は、室外機周辺の除雪もお願いします。ファンが凍って回らなくなるとエアコンが故障する可能性があります。

〇屋根から、雪解け時等、落雪の可能性があります。積雪時は屋根を確認 (屋根先に雪があるなど) 頂き、注意して通行、車を停車していただきますようお願いします。

※落雪が人や車に当たってしまう可能性があります。特に最近は氷になっている事が多いので、屋根の下を通行する際にはご注意下さい。また、駐車している車にも屋根から落雪あるいは氷になっている雪の塊などが落下する場合がありますので、充分ご注意下さいますようお願いします。

※積雪時、低温時等、アパ-ト、マンションの階段付近や住宅などから外へ出る際は、通路や路面が凍結している場合もありますのでお足元にも充分ご注意下さい。

(有)山代不動産 

土地情報レポ-トのご紹介

現在、当社にて取り扱っている売土地、一戸建・事業用店舗物件には、全て地盤調査会社の土地情報レポ-ト (自然災害が起きる可能性について示したもの) をご用意しております。地図やグラフなどを使用していて見やすいレポ-トとなっていますので、購入時の判断材料の目安の一つとしてもご利用いただければと思います。

<<<<<<<<<<< 土地情報レポ-ト ①地震時の揺れやすさ ②液状化の可能性 ③浸水の可能性 ④土砂災害の可能性 注意/土地情報レポ-トは、概略的に述べた概要なるものですので局地的な調査を行った場合にはレポ-トと異なった判断が出る可能性があり、内容を保証するものではありません。参考資料としてご利用下さい。

不動産を活かすには…

不動産には、思いもかけない事が起きることがあります。どんな事が起こるか?

不動産と男女関係ほどトラブルが多い世界はないと、どなたかが話しているのを聞いたことがありますが‥。男女関係に恋愛、結婚等のようなハッピ-なことが多いように、不動産にも本来、ハッピ-なことが多いものだと私は思います。新婚夫婦の新居、はじめての土地や中古住宅の購入、新社屋の完成、新規店舗の開店、分譲マンション、ログハウスなどの別荘、リゾ-トマンション、古民家、…。

今の時代は、バブル期に高騰した土地価格を徐々に下げようとした国の政策が次々と裏目に出た結果、必要以上に地方の土地価格までも大幅に下落させてしまいました。その結果、多くの国民の不動産の含み資産を無くしてしまいました。以前は不動産売却等の代金で子供の教育費や結婚資金、生活資金、事業資金に充てていた家庭も多かったですが、現在は不動産を売却するためにはかなりの時間と大幅な価格の値下げが必要となってしまいました。

株(くいぜ)を守るということわざ(株を守りて兎を待つ)があります。先人のまつりごとによって民を治めようとするのは、切り株の番をして兎を手に入れようとする男のようであるという例えです。私たちも、今までのように国の不動産の政策を期待して経済が回復するのを待つばかりでなく、自分の不動産の活用を自分の考えで計画し、自分の不動産を活かすようにしないと、明るい自分の不動産の未来を切り開くのは難しいかもしれません。

人任せのリスクの高いことは避けたほうが良いことは、皆さんもご承知のことだと思います。しかし、どんな小さなことでも自分で前向きに考えることは無駄ではないと思います。 棒は立ててみないと影は映らない!やってみないとわからない!

マイナスをプラスにするような考え方を一緒に考えましょう!!

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

 たとえば、

 アパ-トやマンションなど共同住宅や併用住宅、事業用店舗などを建設される貸主さんの中には相続対策などの理由から、金融機関、税理士、建設会社などの営業主導により賃貸事業を一気に進め ( この間、私達、不動産業者には何の相談もなく ) られてしまう方がいます。このような賃貸事業計画では、全てが決まった後の入居募集の最後の段階になって、私達、不動産業者に連絡が来ます…。

 貸主にとって不動産業者は頼りになる存在ではないのでしょうか?  私達、不動産業者は賃貸入居者を媒介するだけではなく、入居後も管理全般などにわたり、問題が発生した時にも多くのノウハウにより貸主を支え、貸主との信頼関係を築く立場にいます。

長期間の貸主の賃貸事業計画を継続するためには、建設の計画段階から、私達、不動産業者による、さまざまな提案 ( 収支が合う事業計画、入居者の満足を得られるような心のこもった部屋や店舗をつくる、建築業者の選択、設備仕様のアドバイス、地域の分析、間取り、駐車スペ-ス、不整形な土地の有効活用、マンション名などのネ-ミング、共同住宅のル-ル作成、入居時期など ) やコンサルティングを取り入れていただくことも大事ではないかと思います……。

不動産、冬の見学のすすめ

春、夏、秋、そして冬の自然環境、風景…、その他に魅かれて、不動産の購入を決めることもあると思います。加賀市のような積雪地域では、冬に不動産を見学することによって見えてくることもあります。

たとえば、降雪時期の屋根雪や道路状況などは、実際の生活に目を向けるという意味では、冬に見学することは参考になるのではないかと思います。

春や秋などの好天の時に、土地を見学するのは期待も高まります。しかし、風景の美しさにあこがれて購入した土地も生活の一部となると、視点をかえて見る必要もあると思います。

古民家 築150年を超えてます

最近、売却依頼を受けた古民家 (保賀町) は築150年を超えています。(現在、調査中です) 基礎部分が高く、頑丈な石で造られているせいか、手入れよくされてきたせいか、どっしりとしており不安な感じがしません。欅の6寸柱、欅の床、黒檀の柱、天井の梁の素晴らしさ……。きっと、こんな家が好きな方がいると思います。以前、加賀市内でもいくつか古民家をお世話しましたが、ご購入いただいたお客様は、本当、上手にそして大事に古民家を再生、現代的に活かして生活されています。

昔の大きな家を持つのは大変だ、よく耳にします。確かに忙しい、働き盛りの若いご家庭には不向きかもしれません。しかし、昔の家からは、日本の良き文化、技術、美しい心が伝わってきます。最近の手頃な住宅にはない、深い知恵、喜びや楽しみ、大きなパワ-があるのではないでしょうか…。

庭石や庭木も全て現状のまま引き渡し致します。是非、一度、ご覧になってみませんか!

 

家守 (やもり) のブログ

「家守(やもり)」は、江戸時代に地主家主に代わり、土地家屋の管理から長屋の賃借人の入居承諾、地代・店賃(たなちん)の取り立て、賃借人(町人)の日常生活(町触れの案内、就職、冠婚葬祭など)に関することまで、さまざまなお世話をしていた、私達不動産業者の元祖のような方々のことを言います。

江戸時代に賃借人から「大家 おおや」と呼ばれていたのは、地主家主のことではなく差配人(町役人)でもあった「家守」のことでした。落語に出てくる「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉は、江戸時代の家守と店子の関係のことを言っています。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

Gooの辞書によると、

家守(やもり)とは、①家の番をすること。また、その人。 ②江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃(たなちん)を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。差配人。

となっています。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

私自身は、「家守 やもり」という言葉の響きが気に入っています。へびとかはあまり好きではありませんが、自宅の窓などにくっついているヤモリを見ると、なぜか親しみやすい感じがします。毎年、家族でしょうか、何匹か窓に張りついています。飼いネコにイタぶられてしまうこともあるので、家の中に入ってきた時は、そっと外に逃がします。明りに寄ってきた虫などを食べているようなので、「虫よけ」の役割りもあるのかもしれません…。

 

○家守(やもり)の日々のブログは私(新谷壽信)が、時折、お客様に伝えておきたい不動産に関する情報を中心に掲載させていただいています。

○家守の女房のブログは、私の家内が、日々の家事などに関する話題を中心に掲載させていただいています。

ペレットスト-ブ

昨年、国の補助金制度を利用してペレットスト-ブを我が家に取り付けました。家の中で炎を見ながら生活をするというのは、最初は不安もありましたが、使用してみると体だけでなく気持ちも暖めてくれるような感じがしています。(燃料はペレットなので薪ストーブのより煙や灰も少ないようです。また、タイマ-で時間セットできるので、朝の点火、晩の消火全て自動で出来るので快適です。)

ペレットストーブは、廃材等を成型した「ペレット」を燃料としているファンヒーターで、環境にやさしいスト-ブです。人が多く集まるお店や広めの住宅などにお薦め致します。ペレットスト-ブに関心のある方には、信頼できる業者さん ( ペレットスト-ブの説明、補助金、購入の相談等に詳しい ) を紹介致します。加賀市内にお住まいの方でしたら我が家のペレツトスト-ブをご参考に見ていただいても結構です。

※ペレットの保管場所は湿気が少ない場所がいいです。(我が家では燃料のペレット1袋10kgを30袋ずつ位注文していますが保管場所は結構とられます。)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

燃焼スイッチが始動し始めると、コロコロと音を立てながら少しずつペレットが出てきて、炎に変わり燃焼しだします。このコロコロというペレットの音がすると我が家の猫 ( たいがぁ ) はスト-ブの前に待機して炎が大きくなるのを待っています。

初代須田菁華展

初代須田菁華展/山代温泉古総湯再興記念

九谷の名工、初代須田菁華展が、加賀市大聖寺の石川県九谷焼美術館で、
平成22年11月13日(土)〜平成23年2月13日(日)まで行われています。

——————————————————————————–

北大路魯山人没後50年特別企画展 第三弾「魯山人と初代菁華」

魯山人寓居跡いろは草庵/山代温泉18-5 ( 服部神社前)で

平成22年11月11日(木)〜 平成23年3月28日(水)まで行われています。

——————————————————————————–

石川県九谷焼美術館(大聖寺)で開催されている須田菁華展では、初代須田菁華の作品(個人所蔵の作品も含めて)を多く見ることができます。初代菁華が亡くなって八十三年が過ぎましたが、どの作品も魅力的で本当に素晴らしいです…。私も、3回ほど美術館に足を運びました。2月13日までの開催期間中までに、再度3、4回は見に行きたいと思っています。

結露 (^_^;) を防ぐため

 時々、退去されたアパ-トなどを見ますと、家具の置かれてた部分やカ-テンと窓ガラスの間の壁などに、湿気や結露が原因と思われるカビが発生していることがあります。 ( 結露は、時間によって変わる部屋の温度差や湿気が原因といわれています。 ) 冬場の寒い時期に、窓を開け、空気を入れ替えたくない気持ちはわかりますが…。

壁にぴったりと家具を置かれている方は、壁と少し ( 空気が滞留しません ) 離していただいた方が良いです。また、衣類や寝具などを収納している押入れなども湿気が溜まりやすいですので、空気の入れ替えなどをこまめにしていただければと思います。また、冬場は洗濯物を室内で干することも多くなり、窓ガラスや窓枠部分で結露が発生しやすくなると思いますが、結露が発生した場合は水分をこまめに拭き取るようにして下さい。

これから住宅を建築する計画のある方は、室内の仕上げ材を吸湿性のあるものや熱容量の小さい材料などを選ばれると、結露を防ぐ効果が増すのではないかと思います。