もうすぐ引っ越しシーズン

今日は雨水(うすい)とか。

今朝は今冬一番の冷え込みでしたが、昼間は北陸に似合わぬとてもよい天気です。

もうそろそろ進学、就職などで不動産賃貸が忙しくなる季節です。

さて、ときどき不動産業店舗への敷居の高さや云われない怖さなどを耳にします。残念ながら、不動産屋に騙されないぞ、的な感じでお話しされる方もいらっしゃいます。

確かに、見知らぬ土地での住居選びを見知らぬ業者に依頼するのですから、用心するに越したことはありません。また業者とお客様の相性というものもあるでしょう。

新学期、入社等に合わせ、慌ただしく引っ越される時期です。出来る限り、お客様のご希望に合った物件を探したいと思っています。いろいろお聞きすることも多いと思います。契約に関しては書類の数も多いですが、取引主任者の説明を良く聞いていただき、不明な点等を気軽にお尋ね下さい。

カーテン

カーテンはどうしていますか?ホームセンターやカーテン専門店で既成品かオーダーで購入されることが多いのではないでしょうか。また一度購入されたものは結構長い間そのまま使用されているように思います。

家守の所は?はい。うちもそうです。20年近く同じです。

しかし最近、ヒダ付きのカーテンでないといけないのだろうか?と思うことがあります。

家守妹が学生時代、カーテンレールにマルチカバーをクリップで留めてヒダのないフラットカーテンにしていました。大柄のカバーは存在感のあるものでした。

新築のお宅へおじゃました時、そのお宅では突っ張り棒に洗濯を干すように大きな生地を掛けてあるだけのフラットカーテンでした。白い生地は清潔感があって素敵でした。また窓の上下から光が入っていい雰囲気でした。バリエーションでレース生地でも織生地でも良いな、と思いました。

ドイツの安宿では、壁の一番上に生地が留めてあるだけのカーテンでした。レースがオレンジ主体のオーガンジー、もう一枚が普通の生地でカーテンらしくない薄めの生地でした。大きく開けるということもなく、片側に寄せるだけのものでした。ふんわりしたやさしい感じがしました。

カーテンを変えるだけで部屋の雰囲気が変わる、とよく言われますが、カーテンって結構そろえると金額が嵩みます。フラットカーテンならもう少し手軽に模様替えできるかも、と思うのですが。

好きな生地を買ってきてカーテンを新しくするのはいかがでしょうか。

ちなみに家守の女房は唐草模様が好きです。

不動産、冬の見学のすすめ

春、夏、秋、そして冬の自然環境、風景…、その他に魅かれて、不動産の購入を決めることもあると思います。加賀市のような積雪地域では、冬に不動産を見学することによって見えてくることもあります。

たとえば、降雪時期の屋根雪や道路状況などは、実際の生活に目を向けるという意味では、冬に見学することは参考になるのではないかと思います。

春や秋などの好天の時に、土地を見学するのは期待も高まります。しかし、風景の美しさにあこがれて購入した土地も生活の一部となると、視点をかえて見る必要もあると思います。

大晦日

2011年も大晦日になりました。家守の女房になってから決めたことがあります。

年末は30日までに済ませ、大晦日は何もしない。

女房が育った家は母が職業婦人(古っ!)で28日に仕事納めを終え帰宅すると、その夜から年末年始の仕度をしていました。大晦日にもなると殺気立ち、ちまたの慌しいけれど新年を迎える期待の雰囲気とはまったく違ったものでした。せっかく家族が一緒に過ごせる冬休みなのに、と子ども心にそれが嫌でした。成人してからは年末年始には家に居ないようにしておりました。

そんなこともあり、おせち料理は食べるものだけを作り、時間がないのなら買うことも選択肢にし、掃除は範囲で区切るのではなく時間制限でする。30日までに出来なかったことはしない、どうしても気になるのならしても良いけれど、決して義務感にかられたような事はしない、と決めました。

そして、やり残した事は振り返らない。

新年の準備は十分とはいえないでしょうが、気分良く大晦日を過ごせます。自宅へのお客さんもいないので出来ることかもしれませんが。

まあ、怠け者といえばそうなんですが。(汗)

みなさま、良い年をお迎えください。

プレゼント

先週末、家守から○ャネルの腕時計をプレゼントされました。と言っても、広告チラシを切り取ったものです。それを腕に貼り付け、親しい友人に写メールで送りました。

反応はさまざま…。

①     素直なタイプ

「今日の広告に載ってたのと一緒やろ。138万円の。今度会う時絶対に見せて!良いダンナさんやね〜。」(彼女はずっと本物だと信じてくれていた。)

②     チェック審査タイプ

「バンドの部分、切れとるよ。バレばれ。」

③     反応に困ったタイプ

(返信なし)「どうも、本物とは違うようだが、どう言ったらいいものか…。」

④     お楽しみ共感タイプ

「あっら〜すごいぜ。え?貼ったって??えへ、娘に転送するわ。」

連休ですね。週末はクリスマスです。新聞のチラシにはプレゼントが満載です。クリスマスにプレゼントをもらうのは、何だか気が引けます。

カウチンセーターにはまる。

昨年からカウチンセーターにはまっています。一世代前に流行り、欲しかったのですがその頃は高価で手が出ませんでした。
昨年、同じ不動産業者さんのお嬢さんがビンテージのお店を開き、冷やかしに行くとそこにカウチンセーターがあったのです。カナダ製、ハンドメイド!古着だったこともありお手ごろな価格で、迷うことなく購入しました。初めてのカウチンセーター。

そして今年の3月過ぎ、もうごっついセーターなどいらなくなりそうな頃、オークションで中古のカウチンをまた買ってしまいました(2着)。シーズンが終わりかけだったせいか、安く手に入りました。最近やっと、着る機会を得て嬉しい限りです。

ちょっと重いけれど暖かさは抜群です。手洗いし編み目が詰まってくると風も通しにくくなります。
最近、テレビでもカウチンセーター(カーディガン?)を着ている人をよく見かけます。また流行っているのかな?
フリースのように軽くないし、洗うのも大変かもしれません。でもしばらくはあこがれのカウチンを着て楽しもうと思います。

古民家 築150年を超えてます

最近、売却依頼を受けた古民家 (保賀町) は築150年を超えています。(現在、調査中です) 基礎部分が高く、頑丈な石で造られているせいか、手入れよくされてきたせいか、どっしりとしており不安な感じがしません。欅の6寸柱、欅の床、黒檀の柱、天井の梁の素晴らしさ……。きっと、こんな家が好きな方がいると思います。以前、加賀市内でもいくつか古民家をお世話しましたが、ご購入いただいたお客様は、本当、上手にそして大事に古民家を再生、現代的に活かして生活されています。

昔の大きな家を持つのは大変だ、よく耳にします。確かに忙しい、働き盛りの若いご家庭には不向きかもしれません。しかし、昔の家からは、日本の良き文化、技術、美しい心が伝わってきます。最近の手頃な住宅にはない、深い知恵、喜びや楽しみ、大きなパワ-があるのではないでしょうか…。

庭石や庭木も全て現状のまま引き渡し致します。是非、一度、ご覧になってみませんか!

 

カメムシとりとり

虫がダメな女房は、自宅に侵入してくる虫に何とか立ち向かっています。自宅の裏が山なのでいろいろやってきます。その中でも困っていたのが「カメムシ」。屁臭んぼ(へくさんぼ)ともここらでは呼ばれる虫です。触れたりするととにかく臭い!退治しようにもその後が大変なことになるので、うかつに触れない。(もともと触れないのだが。)

そこで今年は「カメムシとりとり」というものを作りました。長さ30cmほどの紙で出来た筒の片側にナイロンを張り、開いているほうからカメムシをすくい入れます。反対側からのぞき、カメムシが底まで入っていたら、それを屋外へ持って行き、カメムシだけ捨てに行く、というものです。あまり刺激を感じないのか、捕獲の際も臭くないです。寝室で見つけた時など、なかなか良い感じ。でも外へ行ったカメムシはまた世代を超えて屋内にやってくるのか?

夏ごろは緑や茶色でしたが今の時期、カメムシの腹部は銅色です。体躯も硬そうで年季が入ったという感じです。

 

インスタントラーメン

今年もようやく寒くなってきました。私はインスタントラーメンの世代です。コンビニで新商品を見つけたり、旅行でご当地ものを買ったりと結構楽しんでいます。これまでいろんな種類の新商品が出て、消えていきました。

ところで、家守の女房は「焼きそば」だけは袋のレシピを無視して作ります。当たりハズレなく焦げもなく、油切りもできて良い感じです。

作り方

①フライパンに多めの湯を沸かします。沸騰したら麺を入れ2ゆでます。

②その後、ざるでお湯を切り、麺を取ります。

③フライパンは火にかけず、麺とソースを入れ、混ざったら再び火にかけます。焼けてきた音がしたら出来上がりです。手早くやるのがコツでしょうか。

そうそう、いつも思うのですが、インスタント食品のスープは指定の量で作ると濃い味になります。インスタント食品を作るのに味見はしませんが、いつも水の量を増やすか具を多く入れるかして濃さを調整します。

達人はスープを残し、それでまた別の料理に使うとか。またインスタントラーメンのレストランもあるとか。なかなか奥が深いようです。

家守 (やもり) のブログ

「家守(やもり)」は、江戸時代に地主家主に代わり、土地家屋の管理から長屋の賃借人の入居承諾、地代・店賃(たなちん)の取り立て、賃借人(町人)の日常生活(町触れの案内、就職、冠婚葬祭など)に関することまで、さまざまなお世話をしていた、私達不動産業者の元祖のような方々のことを言います。

江戸時代に賃借人から「大家 おおや」と呼ばれていたのは、地主家主のことではなく差配人(町役人)でもあった「家守」のことでした。落語に出てくる「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という言葉は、江戸時代の家守と店子の関係のことを言っています。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

Gooの辞書によると、

家守(やもり)とは、①家の番をすること。また、その人。 ②江戸時代、地主・家主に代わってその土地・家屋を管理し、地代・店賃(たなちん)を取り立て、また、自身番所に詰めて公用・町用を勤めた者。差配人。

となっています。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

私自身は、「家守 やもり」という言葉の響きが気に入っています。へびとかはあまり好きではありませんが、自宅の窓などにくっついているヤモリを見ると、なぜか親しみやすい感じがします。毎年、家族でしょうか、何匹か窓に張りついています。飼いネコにイタぶられてしまうこともあるので、家の中に入ってきた時は、そっと外に逃がします。明りに寄ってきた虫などを食べているようなので、「虫よけ」の役割りもあるのかもしれません…。

 

○家守(やもり)の日々のブログは私(新谷壽信)が、時折、お客様に伝えておきたい不動産に関する情報を中心に掲載させていただいています。

○家守の女房のブログは、私の家内が、日々の家事などに関する話題を中心に掲載させていただいています。